Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏に増える体ニキビで困ってませんか?

女の子

胸、肩、背中、ひどくなると腕にまでブツブツが広がる夏の体ニキビは、ニキビの薬が効かないことがありますよ。

いつものニキビは「ニキビ菌(細菌)」が悪さをしていましたよね。でも夏の体ニキビは「マラセチア」いうカビ(真菌)が原因のことも。

「カビの病気の代表は水虫でしょ。水虫みたいに誰かから感染してできるんですか?」と聞かれたこともありますが、ご心配なく。
「マラセチア」はみんなの皮膚にいつもいるカビ。少しだけなら何も悪さをせず僕らと共存していますが、高温多湿の環境で増えるとニキビを作ってしまいます。自分で持っているカビが増えてできる病気なので、水虫のように誰かからもらって出来たわけではありません。

同じニキビですが、細菌とカビ、原因が違うので別の薬を使います。
「ニキビ菌」による通常のニキビは抗菌剤や毛穴の詰まりを除くディフェリンを、 「マラセチア」にはニゾラールという抗カビ剤で治します。

首にできた体ニキビの写真を見て下さい。まだ少し残りますが、正しい薬を使うと2週間程で良くなっていきます。
汗をかいたら早めにシャワーをして洗い流すことも大切ですよ。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ