Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食物アレルギーの予防は皮ふをキレイにすることから

女の子

乾燥肌の赤ちゃんは自分のよだれで口のまわりが赤くただれることがあります。
自然に治る程度であればいいですが、続くようならステロイドを積極的にぬってきれいな皮膚を保って下さい。
保湿剤だけでは治りませんよ!
096925
「ステロイドを長くぬるのは心配」と思うお母さんも多いと思います。
しかし、赤くだだれた皮膚はバリアー機能が弱っていて、食物、ダニ、ほこり、花粉など色々な物質が皮膚を通じて体の中に入りやすい状態になっています。放置するとそれが元でアレルギーを発症しやすくなるため、きれいな肌に戻すことが大切です。

確かに、ステロイドのぬり薬を数ヶ月以上続けると副作用が出る可能性があります。ただ幸いなことに普通の使い方であれば、ぬった皮膚だけに副作用が出現します。「皮膚が薄くなる」「血管が広がり赤くなる」「毛穴に細菌が入り膿んでくる」「毛が濃くなる」などが主なもので、目で見て分かります。お母さんが薬を子供につけていれば変化に気付きますし、このような副作用を出さないように治療の工夫をするのが皮膚科医の役割です。

ステロイドが心配で保湿剤しか使っていなかったら、食物アレルギーになり離乳食を作るのに苦労しているお母さんもおられます。
ステロイドを使っても、赤ちゃんの皮膚をきれいに保つようにしましょうね。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ