Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

円形脱毛症は再生医療で治す?

女の子

先月NHKの「サイエンスZERO」で放送された薄毛の話しを見ましたか?
ほとんどの人が見ていないと思いますし、私も見逃したので、「NHKオンデマンド」を利用しました。

今後実用化されるであろう「毛の再生医療」の話しがわかりやすく解説されていました。
円形脱毛でも、男性型脱毛(いわいる若はげ)でも、多くの方は通常の治療で毛がまた生えてきますが、一部の方は治りにくく困る場合があります。そういう場合、「自毛を採取→毛の根元に残るこれから毛になる細胞を取り出す→この細胞を増やす→それを毛が抜けている部分に注射→毛を再生」、が実現されれば朗報ですね。もっと先の話になりますが、iPS細胞も毛の再生に使えるかもしれないとのことでした。

現在の円形脱毛症の治療は(1)紫外線治療、(2)液体窒素、(3)ステロイド外用や局所注射、(4)局所免疫療法、(5)ステロイド点滴の5つを組み合わせて行っています。円形脱毛の範囲が頭髪の25%を超えると治りにくくなるため、抜けている範囲が広い場合はなるべく早い段階での治療開始をすすめています。
治療の詳細は白崎医院のホームページを見て下さいね。

今回「NHKオンデマンド」を初めて利用しましたが108円で番組をiPadで みれたのがすごく便利でした。録画すればタダですが、ずぼらな私はこっちの方が助かります。毛の再生に興味がある方はぜひご覧下さい。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ