Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

朝起きて虫刺されに気付いたら、

女の子

「ダニ」に刺されたと思う人が多いようです。
翌日も刺されないように急いで布団を干したり、掃除したり、あるいはバルサンをたいたりしていませんか?
「ダニ」に刺されたら
誤解が多いのは、アレルギーを起こす「ダニ」と血を吸う「ダニ」を混同しているパターン。

ホコリや食品の中で生息する「ヒョウヒダニ」や「コナダニ」はアレルギーを起こすことで問題になりますが、人を刺したり吸血したりすることはなく、虫刺されのような赤いブツブツも作りません。
一方、吸血する「イエダニ」は普段ネズミや野鳥に寄生していて、人からも吸血するので赤いブツブツの原因になります。

もう1種類「ツメダニ」でも赤いブツブツが見られます。ホコリに住んでいる「ヒョウヒダニ」や「コナダニ」を捕食する「ツメダニ」。夏の高温多湿の環境で「コナダニ」が大発生すると「ツメダニ」も増えて、偶然人を刺すことがあります。血を吸うことはないので、柔らかいワキや陰部に潜り込んで刺すことはありません。
さて、朝起きて虫に刺された時の対策・・・
屋根裏にネズミがいる家はバルサンではなくネズミを駆除して下さい。でも、もうネズミがいる家はあまり見掛けなくなりましたね。
1回切りなら、外で蚊に刺されて反応が遅く出ただけですから、バルサンや過度の掃除は不要です。
繰り返すとき。偶然さす「ツメダニ」とその獲物の「ダニ」を減らす目的で畳や絨毯の上をキレイに掃除してみて下さい。

きちんと掃除をしている家なら血を吸う「ダニ」や刺す「ダニ」をそれ程気にしなくてもいいですよ。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ