Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

唇にできるシミ。 アトピーの人は要注意!

女の子

このシミは加齢や紫外線によるシミと違い、唇の荒れが長く続いたために出来た色素沈着がその正体です(正式には炎症後色素沈着と言います)。

元々唇は潤いを保つのに必要な角層がとても薄く、加えて皮脂線や汗腺もないため常に乾きやすい場所。
そのためアトピーや乾燥肌の人はわずかな刺激で唇が荒れてしまいます。
刺激のある食事はもちろんですが、だ液でなめること、さわる癖、風邪や鼻炎の時の口呼吸、暖房の使用による湿度低下でも唇の荒れが生じます。

リップやワセリンを付けても繰り返す場合は単なる乾燥ではなく、必ず炎症を伴っています。
炎症を伴って唇が荒れているのに、それをリップやワセリンだけで済ませてしまうから、炎症が治まらず最後に色素沈着が残ることに。

早めにステロイド軟膏を使って炎症を抑えると色素沈着にはなりません。

色が付いてからではステロイド軟膏は効きませんが、幸いなことにレーザーで良くなります。
保険外ですが、小さい色素沈着1〜2個なら6,000円程。
1回で取れることが多いので、気になる場合はご相談下さい。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ