Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

赤ら顔と漢方

女の子

寒い屋外から暖かい部屋に入った時や人前で緊張した時に生じる「赤ら顔」、軽いものは誰でも起こりますが、ひどく赤いと気になるものです。

ただ残念なことに、今のところ、この「赤ら顔」を改善させる薬はありません。

従って、「赤ら顔」の原因と考えられている紫外線、温熱刺激、アルコール、肌の乾燥、こする刺激などを極力減らしていくのが良い方法です。中でも、洗顔時にこすっていると知らず知らずのうちに「赤ら顔」になるため注意が必要です。

一方、「赤ら顔」に加え「ほてり」がある、あるいは「赤ら顔」が持続している時は漢方薬で良くなる場合があります。
ほてりを取る漢方や血液の滞りを良くする漢方を組み合わせます。

漢方は長く飲む必要があると思うかもしれませんが、効く人は数週間で効果が現れます。困っている人は試してみるといいでしょう。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ