「子どものお肌」の記事一覧

治りが悪い虫刺されはトコジラミを疑え

「また刺された」と繰り返す原因不明の虫刺されはトコジラミに刺された可能性が。 トコジラミは「シラミ」と付いていますがシラミとは別の「カメムシ」の仲間で、俗に「ナンキンムシ」と呼ばれています。 体長は5mm程。昼間はベッド・・・

蚊に刺されたらどう対処?

連日暑いですね。 こんな暑いのに、蚊に刺されてかゆくなったらたまったものではありません。 蚊は暑いほど活発になると思うかも知れませんが、35℃近くになる日中はさすがの蚊も草陰や軒先でジーとしています。今の季節では涼しくな・・・

手足口病が前年比6倍に。新型手足口病とは

2才以下の子どもを中心に手足口病の患者さんが増えています。 最近は2年ごとに流行していて、コクサッキーウイルスA6というウイルスが主に検出されます。 このA6というウイルスが手足口病を起こすことが日本で見つかったのは20・・・

高校生になってできるアザ

普通は生まれつきか、生後間もなくできる色の変化をアザと言っていますが、太田母斑(おおたぼはん)は例外です。 太田母斑は黄色人種に多いアザで、発見者の太田正雄先生の名前がそのまま病名として世界で使われています。ちなみにこの・・・

「赤毛のアン」のそばかす

「赤毛のアン」はソバカスで有名ですよね。 先日子どもに読み聞かせたばかりですが、調べてみると作者モンゴメリはスコットランドからカナダ東海岸のプリンスエドワード島に移住したケルト人です。 ソバカスは日本語では雀卵斑(じゃく・・・

白崎医院へ戻る ブログTOPへ