Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

加齢臭はどこからくるの?

女の子

気温が上がって汗をかきやすくなってくると気になるのが「臭い」。
特に「加齢臭」というとオジサン特有のもの、というイメージはありませんか?
加齢臭の原因はノネナールという物質で、皮脂の中のパルミトレイン酸という脂肪酸が過酸化脂質や皮膚常在菌と反応することで発生します。
ノネナールはアルデヒド類に属する物質で、アルデヒド類はアルコールからも生成される物資なので飲酒をする人の方が強い加齢臭を発生します。
また、理由は分かっていませんが喫煙者は非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向があるそうです。
ノネナールは40歳を過ぎた頃から男女問わず増えてきますので、男性に比べてもともと皮脂分泌の少ない女性も油断はできません。
特に、皮脂量の増える季節は要注意ですね。

では加齢臭はどこから臭うのでしょう?
皮脂の分泌量が多いところから加齢臭を多く発生します。
頭部、耳の後ろ、首の後ろ、背中、胸元、脇、陰部、足の裏などです。
頭部は皮脂が多く出るので「枕の臭いが気になる」という方も多いかもしれませんね。

加齢臭を防ぐには身体を清潔に保つことが大切です。
・シャワーや入浴で皮脂や汗を洗い流す(シャワーが出来ない時はホットタオル等で拭き取るのも効果的です)
・臭いの原因物質は衣類にも残るので洗濯はこまめにする

また加齢臭の他に30代の働き盛りの男性に多くみられる「ミドル脂臭」という臭いもあります。ミドル脂臭の臭いの成分はジアセチルという物質でチーズやヨーグルトの発する臭いの主要成分で、古い油のような強い臭いを発します。沸点が低いので空気中に広がりやすく微量でも臭いを感じやすい物質です。

加齢臭もミドル脂臭も、臭いは身体の不調サインでもあります。
また、偏った食事やストレス、暴飲暴食をやめて腸内環境を整えることも大切です。

身体の外側も内側もきれいに保つようにして不快な臭いトラブルを解消したいものですね。

白崎医院へ戻る ブログTOPへ