Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「2016年7月」の記事一覧

消える赤アザ、消えない赤アザ

赤アザは自然に消えるのと消えないのがあり、またレーザー治療は1才未満のより早期から始めた方が色が薄くなるため、見つけた時に早めに受診して下さい。3ヵ月検診前がいいと思います。 (消える赤アザ) サーモンパッチ:額の真ん中・・・

カネボウの美白化粧品で色が白く抜けた理由

シミやクスミは色素細胞が作り出すメラニンの増加が原因。 美白化粧品にはこのメラニン合成を抑える物質が通常含まれていて、カネボウが開発した美白化粧品には「ロドネロール」という物質が含まれていました。 この「ロドネロール」で・・・

色が白く抜ける皮ふの病気①

日焼けした子どもの顔の色が一部白く抜けて、まだらになっているのをみたことはないですか? 病名は単純性粃糠疹(ひこうしん)、なぜこのような名前で呼ばれるかは知りませんが「はたけ」とも俗称で呼ばれています。 「はたけ」ができ・・・

とびひと耐性菌

暑くなり増えるのが「とびひ」ですね。 「とびひ」は 黄色ブドウ球菌や連鎖球菌といった細菌がおこす子どもの感染症です。皮ふに感染した細菌が毒素を出して水ぶくれを作り、この水ぶくれが破けて周りの皮ふや他の子どもに飛び火します・・・

白崎医院へ戻る ブログTOPへ