最新の相談 女の子

乾癬(かんせん)ってどんな病気?

モデルの道端アンジェリカさんが「乾癬(かんせん)」であることを告白し話題になりましたが、いったいどんな病気なのでしょう。 まず、乾癬(かんせん)は感染症、すなわち他人にうつす病気ではありません。読み方が同じなため誤解され・・・

ぬり薬と日焼け止め、どっちを先に付けますか?

日焼け止めの使い方で質問の多い項目をまとめました。 Q:ぬり薬と日焼け止めはどちらを先に付けますか? A:治療に必要なステロイドやプロトピックなどのぬり薬の後に日焼け止めを使ってください。 化粧をする場合は、化粧水→ぬり・・・

紫外線を使った治療法

日光浴は昔から体に良いと考えられ、古代エジプトでも治療に使われていました。 現代では太陽光線の代わりに紫外線照射器を使って、白く抜けた皮膚の色を戻すだけではなく、通常の治療で治らないアトピー性皮膚炎や乾癬のかゆみや赤みを・・・

日光浴のメリット

4月に入り紫外線が徐々に増えてますね。 普通なら、「シミやシワ、皮ふがんなどの光老化を予防するために日焼け止めをつけましょうね」と書くところですが、今回は紫外線のメリットについて。 メリットの1つは「紫外線に当たるとビタ・・・

薬による紫外線アレルギー

露出している顔や手の甲が赤くなり、洋服で隠れている体がなんともない時は紫外線によるアレルギーを疑います。 紫外線がより当たりやすい鼻や頬、Vネック部、うでの外側に症状が強く、あまり当たらないアゴの下やうでの内側に症状が乏・・・

オススメ記事

新しい「にきび」を作らないために

せっかく「にきび」が治ったと思ったのに、しばらくしたらまた別のところに「にきび」ができてしまった・・・ そんな経験はありませんか? これは「にきび」の周りにある「隠れにきび」が原因です!  ...

薬による紫外線アレルギー

露出している顔や手の甲が赤くなり、洋服で隠れている体がなんともない時は紫外線によるアレルギーを疑います。 紫外線がより当たりやすい鼻や頬、Vネック部、うでの外側に症状が強く、あまり当たらないアゴの下...

目のまわりの湿疹は洗いすぎと花粉症に注意

肌が乾燥しやすい冬は目のまわりが赤く、カサカサする方が多く受診されます。中には1ヵ月以上放置して、皮ふがゴワゴワ盛り上がってからこられる方も。 自然に治ると思って様子をみたのだと思いますが、一度...

汗アレルギー

汗をかくと、アトピーや乾燥肌の人はかゆみが増し皮ふの状態が悪くなりますよね。 汗をかくとホコリも一緒に皮ふに付着したり、弱酸性の皮ふがアルカリ性に傾くために刺激を受けやすくなるからですが、最近の論文...

スギ花粉で顔がかゆくなる?

富山県のピークは3月で、例年4月中旬〜下旬にはスギ花粉の飛散は収束します。 5月に入っても症状が残るようならヒノキやイネ科への反応も考えましょう(富山県の花粉カレンダーを参考に)。 さて、一部...
白崎医院へ戻る ブログTOPへ