最新の相談 女の子

虫除けの上手な使い方

昨日は虫に刺された子どもや大人が10人以上来院されました。 朝夕の過ごしやすい気温の時に庭や公園に行くなら、短時間でもやっぱり虫除けは必要です。 虫除けには「ディート(ジエチルトルアミド)」という有効成分が含まれ、ディー・・・

蚊に刺されて熱がでたら

蚊に刺されて熱が出る病気の代表はデング熱やジカ熱。ここ数年日本でも話題になったので有名ですね。 いずれも、デングウイルスやジカウイルスを持つ蚊に刺されると発症します。これまでは仕事や旅行で海外に行った人が現地で刺されて病・・・

ステロイド以外で唯一炎症を抑えてくれるプロトピック軟膏とは?

最近の新薬はほとんどが外国製ですが、プロトピックは筑波山の土の中の細菌から作られた純国産品。15年前に作られ、現在75カ国以上で販売されています。私がまだ金沢大学にいたときにちょうど開発中で、最初に使った印象は、「少し刺・・・

蚊に刺されたらどう対処?

連日暑いですね。 こんな暑いのに、蚊に刺されてかゆくなったらたまったものではありません。 蚊は暑いほど活発になると思うかも知れませんが、35℃近くになる日中はさすがの蚊も草陰や軒先でジーとしています。今の季節では涼しくな・・・

花粉ー食物アレルギー

前回配信した大豆アレルギーの続きです。 「豆腐を食べると喉がイガイガする」と話していた子供は花粉症も治療中でした。 白樺やハンノキの花粉症を持っている人が大豆の他に、リンゴ、モモ、西洋ナシ、イチゴ、サクランボ、にんじんな・・・

オススメ記事

日焼け止めの選び方

今週、来週は運動会の人も多いかと思います。 「 帰ったら顔やうでが真っ赤だった」ということがないよう、日焼け止めを忘れずに。 皮ふにとって有害なのは急に強い日差しに当たること。 普段から...

蚊に刺されたらどう対処?

連日暑いですね。 こんな暑いのに、蚊に刺されてかゆくなったらたまったものではありません。 蚊は暑いほど活発になると思うかも知れませんが、35℃近くになる日中はさすがの蚊も草陰や軒先でジーとして...

汗アレルギー

汗をかくと、アトピーや乾燥肌の人はかゆみが増し皮ふの状態が悪くなりますよね。 汗をかくとホコリも一緒に皮ふに付着したり、弱酸性の皮ふがアルカリ性に傾くために刺激を受けやすくなるからですが、最近の論文...

汗でかゆくならないために

これから気温が上がるとますます汗をかくようになりますね。肌が弱い子どもにとって、かゆくなり、湿疹を悪くする”汗"は困りものです。健康な成長のために運動は必要なので、涼しい部屋でゲームなどをして汗をかか...

汗で増える夏のニキビに気をつけて!

汗をかく夏はニキビ菌が繁殖する季節です。まだ上手に体を洗えない子ども達は、この時期鼻の周り、胸、背中に赤く化膿(かのう)したニキビを作ることがあります。 きれいに洗って欲しいけど、タオルでゴ...
白崎医院へ戻る ブログTOPへ